赤い糸

ブライダルに最適です

花嫁

モチーフは様々です

ハワイアンジュエリーの始まりについては諸説ありますが、ハワイ最後の女王となったリリウオカラニの存在が大きく影響している点は見逃せません。欧米列強による植民地支配の拡大によって19世紀にはハワイにも多くのアメリカ人が押し寄せ、ネイティブハワイアンとの間で大きな軋轢を生んでいました。これによりアメリカとハワイの間で戦争の機運が高まったことから、リリウオカラニ女王は祖国を戦争から守るため自ら世界中で外交を展開します。しかし時代の変転には抗いがたく戦争が避けがたい状況となってきたため、リリウオカラニ女王は王位を廃止することで全面的な衝突を回避しました。ハワイがどんどんアメリカ化するなかにあって、何とかハワイ文化を残そうとした女王はバングルにハワイの自然や動植物を刻み身に着けるようになります。これが現在に続くハワイアンジュエリーの始まりとされています。ハワイを戦争から守りネイティブハワイアンの歴史と文化を守り抜いたリリウオカラニ女王は現在でもハワイ人の尊敬を集めており、彼女が始めたハワイアンジュエリーは特別な意味を持って現地では大切にされています。このハワイアンジュエリーは結婚指輪として大切な人に贈られることも多く、モチーフにはハワイの自然を象徴するマイレやスクロールなどがよく使われます。マイレには「永遠のつながり」といった意味が込められているほか、波をモチーフとしたスクロールは「途切れることのない愛」を象徴するなどロマンチックな想いが込められており、そのデザインはスピリチュアルな魅力にあふれています。ほかにもハワイアンジュエリーには結婚指輪にふさわしい素敵なモチーフとストーリーが数多くあり、日本でも定番のブライダルリングとなっています。これから結婚指輪をオーダーする方で真心のこもったリングを贈りたい方は、深いエピソードを持つハワイアンジュエリーを結婚指輪に選ぶことをおすすめします。